スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本、“W杯前哨戦”は惨敗…国会議員VSアフリカ大使館連合の親善サッカー(スポーツ報知)

 ワールドカップ(W杯)前哨戦は惨敗に終わった。与野党議員約30人で結成した「国会議員チーム」と、アフリカ大陸21か国の大使館連合「駐日アフリカ大使チーム」のサッカー親善試合が21日、東京・国立競技場で行われた。元Jリーガーの民主党・友近聡朗参院議員(35)の4得点の活躍も及ばず、4―7で大敗。サッカー日本代表がW杯で来月14日に対戦するアフリカの強豪、カメルーン戦に弾みをつけることはできなかった。

 毎日忙しく国会議事堂を走りまわるオジサン集団は、屈強なアフリカ軍団の壁を破れなかった。

 最高気温29度という暑さのなか、議員は日本代表の青色、大使は南アフリカ代表の黄色いユニホームで国立競技場のピッチに登場。2002年日韓W杯の前に結成された「サッカー外交推進議員連盟」のメンバーを中心とした平均年齢約50歳の議員イレブンのなかで、J2愛媛FC時代にFWとして活躍したチーム最年少35歳の友近氏がひとり軽快な動きを見せた。

 この日は中盤のMFとしてプレー。1点を先制された前半22分、ゴール前のこぼれ球を右足で決めて同点に。その後、身体能力で上回る相手に連続失点したが、3―5の後半33分にはドリブルで左サイドを切り込み、左足で豪快に4得点目を決め1点差に迫った。

 友近氏が孤軍奮闘する一方で、おなかが膨れた“メタボ議員イレブン”の足は後半に入るとピタリと止まった。身長約190センチの主将、カメルーン大使館員のピエール・ジェンゲさんの1ゴールを含む大量7失点で大敗。友近氏は「体が大きいし、使い方がうまい。こっちは後半バテバテでした」と悔しがった。スーツ姿で激励に訪れた自民党の森喜朗元首相(72)は、プレーはしなかったが「どっちが勝ってもいいじゃない。国の親善が目的」と笑った。

 友近氏は愛媛・南宇和高で全国高校サッカー選手権に出場も、準々決勝で敗退。「国立」への切符をあと一歩で逃しただけに「聖地で4ゴール。国会議員では得点王でしょ」と大満足だ。日本代表に“サプライズ選出”されたジュビロ磐田の川口能活(34)は同い年で、高校時代に数回対戦した。W杯4度目の出場となる川口へ「サブの選手も含めてチームの一体感を作ってほしい」とエールを送った。

 日本代表が目標に掲げる4強入りへ向け、カギを握る初戦のカメルーン戦への景気づけ、とはいかなかったが、前後半合わせて60分、ほかの議員の何倍も多く走りまわった友近氏は「悔しいけど、本物の日の丸戦士に南アフリカで頑張ってほしい」と、“リベンジ”を託した。

 【関連記事】
日本代表が練習開始、W杯へ2時間ハードトレ
韓国代表に朴智星らメンバー入り…日本戦
俊輔2大会連続背番「10」
梁、W杯出場あきらめない!!…仙台
ワールドカップ 国会議員 アフリカ大陸 を調べる

<日米外相会談>「北朝鮮に圧力」連携…同盟重視で一致(毎日新聞)
クリントン氏「北の挑発に報い」=普天間、5月決着へ努力―日米外相が会談(時事通信)
大阪湾に迷子 堺泉北港内にクジラの死体(産経新聞)
<掘り出しニュース>宇佐神宮大楠にタッチ 「EXILE」の後押しで参拝増加(毎日新聞)
“橋下派”が初の府議会、議長取りにも意欲(読売新聞)
スポンサーサイト

体力テスト結果、大阪府は市町村別のみ公開(産経新聞)

 文部科学省が平成20年度に実施した全国体力テストで、大阪府教委は14日、市町村別結果について府情報公開審査会の答申通り公開することを決めた。学校別結果については、答申は一部を除き開示すべきとしたが、府教委は「学校活動への著しい悪影響を生じさせるおそれがある」などとして非公開とした。

 体力テストをめぐっては、鳥取県教委が21年度分の市町村別、学校別結果について情報公開請求があれば公開する方針を示しているが、まだ請求はないという。府教委が市町村別データを公開すれば全国初となり、早ければ今月中に公開される見通し。

 ただし体力テストに参加した市町村のうち、小中学校がそれぞれ1校のみの市町村は非公開となる。府教委は「結果をすでに公表している市町村で大きな混乱は生じておらず、公開しても支障はないと判断した」としている。

【関連記事】
栃木っ子は太り気味で鈍い? 走・跳・投、全国より低く
事業仕分け 体力テストも「全員参加」から「抽出化」 弊害も
女子中生の3割「運動しない」 子供の運動、二極化 文科省調査
全国体力テスト 対策遅れの大阪と素早い対応の高知で明暗
日本の教育を憂う 学力テスト見直しで「競争は必要だ」

養父自殺か、遺体発見=袋詰め女性事件-大阪府警(時事通信)
「ひきこもり」多くが精神疾患 3分の1は「薬物治療必要」(産経新聞)
男性清掃職員、深夜バイト7年で1323万稼ぐ(読売新聞)
平野長官、徳之島の経済関係者に協力要請(読売新聞)
65歳以上、総人口の23%=高齢社会白書(時事通信)

ヤフーと中国最大手 ネット通販を一体化(産経新聞)

 【杭州(中国浙江省)=河崎真澄】日本のインターネット検索大手ヤフーの孫正義会長(ソフトバンク社長)と中国の電子商取引最大手アリババ・グループの馬雲(ジャック・マー)会長は10日、杭州市内で記者会見し、6月から両社のネット通販を“一体化”する相互取引サービスを始めると発表した。

 日本から中国の商品を日本語で、中国から日本の商品を中国語で手軽にネット注文できる初の試みで、孫氏は「両社の顧客を合わせて世界最大の2億6千万人の電子取引市場が誕生する」と述べた。

 新サービスはネットサイトのヤフー・ジャパンとアリババ傘下のタオバオ(淘宝網)の相互接続で行う。流通コストを省くネット通販の強みを生かし、例えば中国のカシミヤ製マフラー商品の場合、日本国内より平均で85%安く購入できるようになるという。

 また、孫氏は「日本の中小企業が簡単に中国の消費者にPRし、市場参入できるようになる」と述べた。

 代金支払いはクレジットカードなどで行う。輸送や通関も含め商品を自宅まで1週間ほどで配送。手数料などの詳細は6月1日に発表する。

 アリババの馬氏は「日本の市場は深く、中国の市場は広い。相互補完性が高い」と期待を示した。

 中国のネット通販市場は昨年2484億元(約3兆3500億円)で前年比で2倍近く増えたという。アリババにはヤフーの親会社のソフトバンクが一部出資。馬氏はソフトバンクの取締役も兼務している。

【関連記事】
中国製品5000万点、日本語で注文OK ヤフーとアリババが提携
“爆進”ソフトバンク 孫社長の野望を阻む3つの不安
「アジアNO.1」拡大猛進 ソフトバンク、営業益2位浮上
アリババ、輸出支援拡大 日本語で商品登録OKに
Google、中国撤退も
少子化を止めろ!

<地震>東京で震度3=午後1時33分(毎日新聞)
知事会、公明党と参院選マニフェストについて意見交換(産経新聞)
諏訪大社御柱祭で柱から落下、4人が死傷(読売新聞)
シンカイヒバリガイ新種 3000万年前の化石発見(産経新聞)
貴金属など1200万円盗難 1人暮らし女性宅 茨城・守谷(産経新聞)
プロフィール

こやなぎあきはる

Author:こやなぎあきはる
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。